今回、私は企業経営者の方を中心にお声がけさせて頂き定期的な勉強会を開催させていただくことになりました。

会の名前は「隗より始めよ」です。

言葉の意味を以下の出展からご紹介します。

出典
『戦国策』や『史記』の故事による。
意味
賢者を招きたいならば、まず手近な者から優遇せよ。転じて、物事はまず言い出した者から実行せよ。
事を始めるには、自分からやりださなければならない。人に言いつける前に自分が積極的に着手せよ、という意味。
「隗(かい)」は戦国(せんごく)時代の燕(えん)の人で、郭隗(かくかい)という人。この句の意味は、現在では少し異なり、大事を始めるには、小事から手をつけよ、大事業には、呼び水となる小さなことから始めるのが必要だという意味にも用いる。
また我が国では、「まず、あなたがやりなさい」という意味に使うことが多い。

30年前、父が7期勤めた千代田区議会議員の後を継ぎ、私は議員生活に入りました。

議員の立場から千代田区とともに昭和、平成、令和と四半世紀以上、時代の荒波を肌で感じながら歩んで参りました。

千代田区内で事業を展開し、区を支えてくださっている経営者の皆様とお話させていただく機会も多くありました。私の知見や区から発表されている情報をお伝えすることで皆様のお役にたてたこともあったと思います。

一方で一時期一世を風靡した事業者が小さなミスを重ね大事な局面での判断を誤り一線から退かれてしまったケースも見てまいりました。事前に一言、ご相談いただけていたら何かが違っていただろうにというケースもありました。声をかけて頂ける機会が足りていなかった、その反省も、定期的な開催を予定する本勉強会立ち上げのきっかけとなっております。

日本の中心、千代田区で事業展開されている皆さまと、事業に役立つ知見や情報を共有し、企業を、人を、元気にしてもらいたいと考えております。企業の元気は人の元気、人の元気は地域の元気に繋がっていくと考えます。

新しい仲間と時間を共有し知見やアイデアに触れてそれぞれお持ち帰り頂くことで新しいチャンスや取り組みに勤しみそれぞれの企業を発展させ千代田区をさらに元気にしていただけることを期待しております。