ミュージアム散歩

千代田区には、美術館・博物館・科学館・資料館など大小付属施設も含め20以上の施設があるのはご存じですか?そしてその多くの施設が季節や時期によって様々なテーマでもって展示内容を刷新し来訪者に素晴らしい時間を約束しています。
しかしそうした素晴らしい空間がすぐ目と鼻の先にあるにも関わらず、千代田区在住の私も含め、日々の生活の中で、そうだ、近くにある美術館に行ってみようと思い立つのはなかなか希なこととなってはいないでしょうか?
様々な美術日品を目にし、それが作られた背景を知り、自分なりに感じることで、自分の感性が豊かになるのはもちろんですが、家族や友人との会話として広がり、自分を取り巻く環境を一つすてきにする為のエッセンスになると思います。
そんな単純な思いから今回ミュージアム散歩を思い立ち、近しい人たちと連れだって第一回目の散歩を行ってみました。

ミュージアム散歩:第1回目レポート
開催日時:8月8日(火) 13:00
出光美術館では最初にスタッフの方から美術館の成り立ちや思いを含め、 概要をご説明いただきました。その後、各作品を各人のペースで楽しませて戴きました。私達が行った時は、「祈りのかたち-仏教美術入門-」というタイトルでの展示が行われており、ヒンドゥー教の台頭から日本で仏教が直面した歴史の変遷とその時代時代が生み出した美術と人々の祈りを伝える内容となっていてしっかりとした見応えのある素晴らしい内容となっていました。
その後一服の為に皆さんで、日本茶専門店である一保堂茶舗を訪れました。普段自宅ではあまり味わない抹茶、玉露、煎茶、ほうじ茶、玄米茶から選び、お茶を知り尽くしたプロが目の前で煎れ方を指導してくれながらお茶菓子とともにお茶の甘い味とゆっくりと流れる時間を楽しみました。
気分一新したところでまた徒歩で東京国際フォーラム内にある相田みつを美術館を訪れました。ここでも最初にスタッフの方にご説明を頂きました。誰の人生にもいくつか響く言葉がたくさん詰まった相田みつをさんの美術館。私も感動して改めて本まで購入してしまいました ^^;
それらのコトバが生み出された背景なども知りながら、自分におきかえ、自分の家族におきかえ、幾度も読み返し、幾度も新しい発見を繰り返せる彼のコトバは本当に力強いと感じました。
こんな心の起伏を楽しめる刺激的な良い時間を皆さんと一緒に過ごすことができて大変良い時間を過ごさせて頂きました。
不定期になると思いますが今後とも続けてこうした機会を作っていきたいと考えております。もしこうした散歩をご一緒に参加してみたいな、と思う方は是非お声がけください。多くの方と芸術をとおして繋がりあえることを楽しみにしております。